脊柱管狭窄症の治療のために病院に通っていても、なかなか症状が改善しないということもあるでしょう。 そういった場合は、その病院に固執せずに、他のところで一度診てもらうのもいいかもしれません。 日本には、脊柱管狭窄症の名医と呼ばれる人たちが存在します。 例えば、国際医療福祉大学三田病院の福井康之医師や福島県立医科大学附属病院の菊地臣一医師、日本大学医学部附属板橋病院の徳橋泰明医師などです。 名医に診てもらうことで、症状が改善する可能性があります。 名医と呼ばれる人たちは、これまでに数多くの患者さんを診てきているので、普通の医師よりも脊柱管狭窄症治療に精通しています。 脊柱管狭窄症の名医を探す場合には、インターネットの口コミを参考にするといいでしょう。 口コミを見ることで、実際にどのような治療をしてくれるのか、本当に症状が改善されるのかなどが分かります。 また、病院を探す時は、できる限り家から近いところを選ぶようにしてください。 家から病院までの距離が遠いと通うのが大変ですから、いくら名医がいてもそのうち通うのが面倒になるかもしれません。 そうすると、治療が遅れてしまうので、症状が悪化してしまう危険があります。